水道橋で働く新規事業ディレクターの営業日誌

ディレクターと言いながらも営業を中心に基本的に何でも屋。その他子育て、または野球。新規事業/AI・人工知能/感情分析/UI・UX/リサーチ/セールス/スケール/マネジメント

桜の季節に

この週末は奥さんの実家に帰省。月1回のペースで帰っていますが、毎回孫が大活躍。自分は、、、ひたすらご飯食べて、ゆっくり寝かせてもらって、と非常に有意義に過ごしております。

桜も非常にきれいで、少しの時間ですが、お花見もできました。今週はもう散っていく可能性も高いため、次の週末あたりがお花見の最後でしょうか。

 

桜を意識し始めるようになったのは、いつごろからでしょうか。18歳まで北海道にいましたが、そのときは全く意識しなかったと思います。もちろん桜の名所やきれいに見える公園はありましたが、張り切って見に行くほどではなかったですね。北海道はゴールデンウィーク近辺に桜が咲くので、上京した時は3月末で桜が咲いているのに驚いた記憶はあります。(気温も全然違ったし。。。)

 

桜がきれいだな~と感じたのは、大学の卒業式だと思います。あまり友達がいなかったのですが、卒業式後、良く遊んでいたゼミの男友達やゼミの先生と写真を撮る際、大学近くの公園で桜をバックに写真を時、なんかきれいだな~と感じました。少し大人になったのでしょうか。それ以降は桜の季節になる度にテンションが上がるようになりました。

 

余談ですが、桜は見に行くものではなく、「見られに行く」のだそうです。昔から日本人の潜在意識に桜があり、花が咲くと「見られたい」と思い、足を運ぶそうです。ロマンチックとはだいぶかけ離れたお客さんの社長から教わりました。

 

上京して19年目。今年も見れるだけ桜を見ようと思います。上京当時の夢と希望を忘れずに。

 f:id:tarutoko1125:20160404144419j:image

 

広告を非表示にする